マイレア邸の見学予約とアクセス~フィンランド建築旅

マイレア邸

アアルト設計の住宅最高傑作と言われるマイレア邸

フィンランドの近代建築家、アルヴァ・アアルトの設計した住宅の最高傑作とも言われている「マイレア邸(ヴィラ・マイレア)」
アルテック(artec社)をアアルトと共に設立したマイレとハッリ、グリクセン夫妻のために設計した住宅です。

私が一番影響を受けたアアルト設計の住宅であり、この空間はぜひ見て欲しい!!とても貴重な住宅です。
マイレア邸はアクセスが良くないので、レンタカーを借りて訪問する人が多いようです。
私は電車とバスを使って訪問しましたので、そのアクセスとマイレア邸の見学予約について紹介します。

マイレア邸のある場所

マイレア邸はフィンランド南西部の港町ポリ(Pori)からバスで北に15分くらいの街、ノールマルック(Noormarkku)にあります。

ノールマルックは1800年代初期から製鉄所の街でした。
製鉄所がアームストロム一族の手に渡り、一族の邸宅を三世代60年にわたってこの地に建てていったそうです。とても小さな街なのですが、広い庭園や、川の流れ、松林など美しい風景が広がる街です。

その街の小高い丘の上に建つのが、マイレア邸です。
マイレア邸は事前予約をすれば見学をすることも可能です。素晴らしい!!

マイレア邸がある丘

ノールマルックのマイレア邸がある丘

フィンランド南西部の港町ポリ(Pori)までのアクセス

フィンランドはヘルシンキやタンペレ、サンタクロース村のあるロヴァニエミなど観光客が多く訪れる街までのアクセスは分かりやすいのですが、地方へのアクセスを日本で調べていくのが少し難しかったです。
(2012年時点。今ではフィンランド政府観光局のホームページもありますし、電車やバスもネット予約できるようになったので調べやすくなっています!)

ポリ(Pori)はVR(フィンランド鉄道)の駅があります。
ヘルシンキからポリまでは電車で4時間弱。
ポリからタンペレまでが普通電車しかないので時間がかかるようです。

ポリとヘルシンキの間には直行バスがあるので、便を選べば電車より早くて安くなるようです。
これは旅の間に気づきました。こちらもネットで予約できます。

フィンランド鉄道の普通列車

赤と青の内装がおしゃれな、フィンランド鉄道の普通列車

電車だと思ったら、バスの予約をしていた!?

私はユーレイルフィンランドパスを日本で購入して、ヘルシンキ駅で全行程の電車予約をしました。
購入したのは1ヶ月のうち3日間有効なパス。当時は現地でしか電車の予約はできませんでした。

今はレイルヨーロッパのサイトでも、フィンランド鉄道のサイトでネット予約もできます。

ユーレイルフィンランドパス(レイルヨーロッパ)
参考 ユーレイルフィンランドパスレイルヨーロッパ

フィンランド鉄道予約ページ
参考 フィンランド鉄道予約ページフィンランド鉄道(VR)

ポリには鉄道駅があるので、タンペレ-ポリのVR(フィンランド鉄道)を予約しました。
しかし、電車の予約をしたと思っていたタンペレ→ポリが、実はVR(フィンランド鉄道)のバス!!

タンペレで乗り換えをしたときに、駅で予定時間発の電車が無くて本気で焦りました。

ちなみにユヴァスキュラ→タンペレ→ポリという移動をしました。
風景もとても良く、バスの移動がとても楽しかったです。

ポリ(Pori)からノールマルック(Noormarkku)までのアクセス

ポリの駅に着くと、ここはどこ?と感じるような小さな駅。
駅前にインフォメーションが無く、マップも置いていないので駅員さんに聞きました。

とりあえず駅員さんに聞いてみたら、バス停とインフォメーションの場所を書き込んだマップをくれました。
こういう時、本当にフィンランドの方は親切です。

フィンランド鉄道、ポリ(Pori)の駅

フィンランド鉄道、ポリ(Pori)の駅。駅前は何もない・・・。

ポリ駅から中央バスターミナルへ

駅からポリのバスターミナルまでは徒歩10分ほど。この旅で初めてGPSに頼りました(笑)
バスターミナルの周辺は駅前よりだいぶ栄えていて、大きなショップなどもたくさんありました。
(帰りにポリのバスターミナル近くのリサイクルショップで良い買い物ができましたよ!)

ポリの中央バスターミナル

バスターミナルまで行くと、これまたバスが何番かも分からない。
フィンランドは英語が通じる、と言われていますが、表記はフィンランド語のみのところが多いのです。
フィンランドの地方都市では「分からなかったら聞く」のが鉄則です!

ちなみに電車の切符もフィンランド語のみ。
とりあえず、バス停に停まっているバスの運転手さんに片っ端から声をかけてみたらありました、Noormarkku 行きのバス。

ポリからノールマルックへ向かうバス

PoriからNoormarkku行きのバス停。これを見ると7番っぽい。

ノールマルック(Noormarkku)、マイレア邸がある小さな街

バスの運転手に目的地を伝えると降りるときにちゃんと教えてくれました。
Noormarkkuというよりもヴィラ・マイレアと言った方が伝わったようです。(運転手さんもバスに乗っている人たちにいろいろ聞いてくれました)

ノールマルック周辺では英語が分からない方が多かったので大変でしたが、一生懸命伝えようとしてくれました。
フィンランドの方たちはとてもやさしいので、旅がしやすくて、コミュニケーションをとることも楽しい。
マイレア邸まで車で行かれる旅行者が多いと聞きますが、電車+バスの旅で地域の方たちの暮らしを見られるのも楽しかったですよ。

ノールマルックは、川と自然がとても美しい小さな街でした。

ノールマルックの川

ノールマルックの川

マイレア邸の見学予約方法

マイレア邸の見学は予約制です。
見学ができるのは夏の期間のみ。ガイドツアー可能な日時はヴィラ・マイレアのサイトに掲載されています。

ヴィラマイレア
villa mairea 1937-39
Pikkukoivukuja 20, 29600 Noormarkku
http://www.villamairea.fi/

参考 ヴィラマイレアガイドツアーvilla mairea

サイトに掲載されているメールフォームで予約が可能です。

マイレア邸の見学予約をするときの注意点!

私はこのときのフィンランド旅行で一番マイレア邸に行きたかったので、まず最初に見学予約のメールを入れたのですが、なんとヴィラ・マイレアの事務所が夏休み期間中!!

Villa Mairea is closed from 14th to 22nd of July and no guided tours
will be arranged during this time.

とメールが来ました。
7月に訪問を考えている方は注意が必要です!

そして、夏休みが終わって届いたメールより、予定していた日も、二番目の候補の日も予約がいっぱいであることが分かりました。
でも、一人だけの見学だったので、団体さんの予約がある別の日に組み込んでもらえたのです。

ほっと一安心しました。

フィンランドの方はとても親切で、予約のメールやり取りもプラスアルファのアドバイスをしてくれます。

このスケジュールが変わったことで、先に訪問予定だったセイナッツァロでの滞在日数が増えて、タウンホールゲストルームに2泊することになりました。
おかげで、全てゆったりゆっくり、フィンランドの暮らしと空間を楽しむスケジュールになりました。